当サイトは弱者やお年寄りが住みよくなる願いと、ネットで人気商品やネットサービス、格安ブランド商品、逸品、期間限定セール商品等の通販ショップの紹介を4年間のホームページ運営の経験をもとにすべてのお客様に訪問してここに来て社会が良くみえた、さがしている情報が見つかったと喜んでもらえるサイトをめざしています。又相互リンク先では副収入や無料待ち受け画面等モバイル生活サポートもしていますのでよかったらお立ちより下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
自民党と公明党の腐敗政治の実態がよくわかった
参議院選挙の選挙運動期間は終了し残すは7/29(日)投票日のみとなりました。
この6年間苦しい生活をしいられた政治に国民の一人ひとりがきちっと
今までの世の中の状態をみて清き一票を投ずる日です。
今回は、選挙運動中の自民党と公明党の政治家たちの態度について
触れてみたい。
まず自分たちのやって来た政治を恥ないで野党に暴言をはいている事があまりにも
見苦しく思いました。
自民党と公明党の政治家は、政治資金規正法の法案改正の問題です。
法律は5万円以上領収書添付でこの法律の対象団体は政治資金管理団体のみとする法律です。
共産党(共産党は国民の税金からの政党助成金は受け取っていない。)
を除くほとんどの政治家は、
政党支部、A政治団体、B政治団体で経常経費(事務所費、光熱費、人件費)を計上している
この政治団体のうちのひとつである政治資金管理団体のみ
事務所費(家賃、切手代、電話代、修繕費、保険料等)について5万円以上は領収書の添付をする事に法律を改正したと自民党、公明党は胸をはって言っている。
でもおかしいじゃありませんか?
国民の税金から政党助成金としてお金をたんまりもらっていて。
_晋裡桔円以上なのですか?中小企業経営者やNPOの団体だって税務署費にきちっと1円以上は領収書を保管していて税務署に届けている。
∪治家の行動は政治資金管理団体だけでなく政党支部とかA政治団体とかこちらの方が活動として
多いのにこちらはいっさい制限なし領収書も届け出もいらないまさに
これが今回言っているザル法を自民党と公明党の国会議員の数で自分たちの都合のいい法律を作っただけなのです。
この後塩崎官房長官の事務所費の使途不明金や赤城農水相の法律を違反した郵便費の2重計上の問題
このような腐敗した問題がつぎからつぎに出て来ているのに
自民党と公明党の議員たちは選挙運動中に誰も
自らの過ちにを正す為の公開を国民にしないで暴言ばかりで自分たちのやって来た事は正しいと言っている。
こんな堕落しきった自民党と公明党に日本の政治の舵はとってほしくない。
他にも
・格差社会を作って来て働いても一向に給与が上がらないワーキングプアー層の増大。
・6月からの住民税の増税
・消えた年金問題を放置して来た責任
・緑資源機構関連の談合問題
・天下りの野放し
・製造派遣法法改正による正社員から製造派遣社員の増加させ
製造派遣社員の待遇は正社員の給与の半分以下としてして働いても生活が苦しい若者の増加
これらみな自民党と公明党がこの6年間の政治でやって来た事です。
何一つ国民を助けてくれたことない自民党と公明党です。
もう公明党と自民党の政治家は全員去ってほしい。又このやり方に気が付いていない
方がいたらいまからでも遅くない清き一票で国民一人ひとりが貧困から抜け出せるチャンスです。
政党助成金をもらっていないし消費者金融のグレーゾーン金利廃止に奔走してくれ
国民を助けてくれた勤勉で誠実で平和を守る共産党や憲法9条堅守平和を守る社民党、
政治の流れを変え野党の先頭にたって国民を助けてくれる民主党の飛躍に期待したいと
思います。

Posted by : ノーム | 政治と暮らし | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0)
庶民と金銭感覚があまににもかけはなれている自民党の政治
庶民と金銭感覚があまににもかけはなれている自民党の政治には
もう早くやめてほしいと思う。

5/23の衆議院予算委員会の質疑応答より気づいたコメントです。

1)共産党佐々木憲昭議員より保険金契約者に不払い支払いもれ635億円の生命保険会社や損害保険会社からこの件発覚前後も今も政治献金を年間1億円弱受け取っているこんな政治(自民党)はやめてほしいだってこれで政治献金がまた不透明なまま庶民は
生活に困っているのに自分たちは甘い汁ばかり飲んでいる?。
憤りしかないです。早く政治が変わってほしいこんな汚い政治はコリゴリです。
 
2)衆院予算委員会23日、安倍晋三首相らが出席し、政治とカネの問題などをめぐる集中審議を行った。民主党は松岡利勝農相の光熱水費問題を取り上げ追及したが、農相は「法律に基づき適切に報告している」と繰り返し、過去にさかのぼっての詳細公表にも応じない考えを示した。民主党の岡田克也元代表は農相が説明責任を果たしているか首相に見解をただしたが、首相は「法律に求められているなかで説明を果たした」と擁護した。→この件もおかしな答弁国民の先頭に立って国を預かり運営している自民党が政治に使ったお金は
庶民の汗水からとった税金なのに使い道も言わないまま煙にまこうとしているこんな汚い政治が
今の日本の政治を担っているのはおかしい。だってNPO法人で年間300万円しか収入&支出しかない
所だって1円の領収書を保管しそれを税務署にみせれるようにしているのに。
この松岡農業相は氷山の一角だと思うでもこの方は透明化する事が政治が浄化する事ではないでしようか?

日々の生活苦の庶民の声代表です。
Posted by : ノーム | 政治と暮らし | 07:31 | comments(0) | trackbacks(42)
5/14国民投票法案参議院で国民無視で自民党と公明党で可決!
今年7月に参議院選挙を控えた今国会は先の郵政民営化の是非を問う
衆議院選挙で2/3の議席を獲得した自民党と公明党は、
今やりたい放題で国民の声には耳も貸さないまま次々と国民の生活に直接影響を及ぼす重要法案(教育基本法、国民投票法案)にもかかわらず国民が納得するレベルの公聴会も開かず、開いても改正する理由も何も答えないまま法案を可決して行く。

一方では、事務所費の名目?00万円使途不明で国民の税金を使った松岡農林水産相の使途については一切国民の公表しないままケムりに巻いた
汚い与党政治倫理(今民間ではNPO法人の団体でも1円でも使ったら領収書を付け透明化してわかるようにまとめている。)他にも郵政民営化に反対した議員を離党させたの選挙の為のポーズでその後すぐに自民党の党員に招き入れている。
あげくのはてに昨年はタウンミーティングで、さくらを雇い自民党に都合の良い質問させたりエレベーターのボタンを押すだけのスタッフに?万円支払ったりとこんな汚い又国民の思いを無視した横暴な与党(自民党、公明党)政治はもうこりごりです。
一人でもこのおかしな日本の政治のやり方に今きづかないと、まだまだ格差社会を広げてしまいます。
あなたの生活はこの5年間で楽になりましたか?
景気は回復していても庶民ふところはさびしいまさに今日本は、遠山の金さんか先の副将軍三戸光圀かこの悪政を裁いてほしいと思う今日の国会でした。
又6月の所得から住民税が上がるのもこの与党の政治が金持ち(大企業)に税金を増やさず防衛費と称して戦争に使う戦闘機等に予算をまわして一般庶民に税負担を増やすのです。
又消費税も上げると言っているし、ホワイトカラーには、残業しても1円も付かないホワイトカラーエグゼンプション(残業代ゼロにする法律で働いても時間外手当てが一切付かない)の導入もしようとしている。
Posted by : ノーム | 政治と暮らし | 00:45 | comments(0) | trackbacks(36)
参議院選挙2007与党政治を審判する日です。
■参院選の仕組み

 国会の会期延長が無い場合7月5日公示、同22日の投票が見込まれている。

 参院の総定数は242。3年ごとに半数の121議席が改選される。121議席のうち、都道府県単位の選挙区は73、全国単位の比例代表は48。おおむね50議席を超せば「第1党」になるとみられる。改選されない121議席の与野党の配分は与党58、野党63。このため今選挙で過半数を制するには与党は64、野党は59議席が必要だ。

 仮に公明党が改選13議席を維持した場合、自民に必要な議席は51。自民選対は改選定数が複数の選挙区や比例代表で合わせて36議席程度の獲得をもくろんでおり、29ある「1人区」で15勝以上をあげられるかがポイントとなっている。

本ニュース毎日新聞 2007年5月4日 東京朝刊より抜粋しています。
Posted by : ノーム | 政治と暮らし | 08:58 | comments(0) | trackbacks(18)
憲法改正の手続き法案自民党と公明党は国民の質問無視!
国民の質問も野党の審議もすべて無視して憲法改正の手続きを決める重要な法案を
与党自民党と公明党は自分たちの権力
(郵政民営化選挙でで衆議院で過半数の人数を確保を確保している為)
で思うままの法律を作って自分たちの都合の良い法律で憲法を変えようとしている。

こんな国民の声を無視し質問には耳も貸さない
誠意のない自民党と公明党の強権政治のやり方は断固反対します。
ブログを読んでいる方はもっと今の危険な与党政治状態に気がついてほしい
と思います。
********以下最近のニュースより********************
・民主党の鳩山由紀夫幹事長は12日夕、憲法改正手続きを定める国民投票法案の与党修正案が衆院特別委員会で可決されたことについて「極めて遺憾に思う。憲法改正が現実になった時、今回の強行採決が汚点として残るのではないか」と与党側を批判した。衆院議員会館で記者団に語った。
・共産党の志位和夫委員長は同日の記者会見で、「憲法9条を守り、改憲は許さない国民の声を広げ、参院で廃案を目指すため力を尽くしたい」と強調した。社民党の辻元清美政審会長代理は、国会内で記者団に、安倍晋三首相が改憲を夏の参院選の争点にすると表明したことを念頭に「憲法を首相が私物化している」と非難した。 
23時1分時事通信社よりの情報を抜粋
**************************************************
******憲法改正の手続きを決める法案の問題点********
国民投票法案:憲法学者ら114人が慎重審議求める声明
 憲法改正手続きを定めた与党と民主党の各国民投票法案に対し、小沢隆一・東京慈恵会医科大教授をはじめ憲法を専門とする学者ら114人が11日、「自由で民主主義的な意思の表明を保障する憲法改正手続きの制度とは言えない」として、慎重審議を求める緊急声明を発表。河野洋平衆院議長、中山太郎・衆院憲法調査特別委員長に送付した。

 緊急声明では、両法案に共通した問題点として、(1)国民投票の成立に必要な最低投票率の制度がない(2)公務員や教育者の国民投票運動を制限し、萎縮(いしゅく)効果がある(3)発議から投票までの期間(60日から180日以内)は、改正案の熟慮、討議の期間としては短すぎる−−点などを挙げている
毎日新聞 2007年4月11日 20時18分より抜粋して提供しています。
**************************************************
Posted by : ノーム | 政治と暮らし | 08:39 | comments(0) | trackbacks(2)
TOP